> > 沖縄県にスマートハウス体験型カフェ登場 太陽光発電による充電設備など

沖縄県にスマートハウス体験型カフェ登場 太陽光発電による充電設備など

記事を保存
沖縄県にスマートハウス体験型カフェ登場 太陽光発電による充電設備など

エネオンアライアンス(沖縄県)は、地域住民や地元学生に開放することで自由に「エコ」をあそび、まなび、交流することができる、県内初のエネルギーカフェ「Luterio(ルテリオ)」を7月13日に那覇市内に開設する。

「Luterio」の建物には、最新のエネルギー設備を設置。太陽光発電システムにより発電した電力を活用し、無料でスマートフォンの充電や電動バイクの乗車、電気自動車の充電などに利用できる。また、地域住民に開放することで、家庭での取り組みを共有したり、勉強会を開催するなど、地域コミュニティへの発展を目指している。なお、7月11日にオープン記念セレモニーを行い、具体的な設備や活動内容について発表する。

エネオンアライアンスは、太陽光発電システムを中心に自然エネルギー商品や、環境インフラデバイスの販売を手掛ける沖縄発のベンチャー企業。今回の事業には、太陽光発電システムの開発・製造・販売などを手がける「エクソル(京都府)」、「カナディアン・ソーラー・ジャパン(東京都)」、スマートハウス関連デバイスの製造を行うベンチャー企業「SMART INTEGRATION(東京都)」が協賛している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.