> > 埼玉県桶川市の「水上メガソーラー」 フランス製太陽光発電システムを採用

埼玉県桶川市の「水上メガソーラー」 フランス製太陽光発電システムを採用

記事を保存
埼玉県桶川市の「水上メガソーラー」 フランス製太陽光発電システムを採用

埼玉県桶川市の調整池に設置する「水に浮かぶメガソーラー(大規模太陽光発電所)」に、フランス製太陽光発電システムが採用された。出力は約1,180kWとなり、メガソーラー規模の水上設置型太陽光発電システムは世界初となる。4月に着工を開始し、7月頃の発電開始を予定している。

年間発電量は約150万kWhを見込み、標準的な家庭用太陽光発電システムの360台分に相当する。また、土地と水資源を保全しながら雨水調整池をグリーンエネルギー分野に転換することを目的に掲げている。

この水上設置型太陽光発電システムは、桶川市が東部工業団地内にある後谷調整池を有効活用するため、メガソーラー発電施設の設置・運営を行うための事業者の公募を実施し、昨年11月にウエストエネルギーソリューション(東京都新宿区)を事業者として決定したもの。

同社はパートナーであるフランスのソーラー企業、シエル・エ・テール・アンテルナショナル(Ciel et Terre International)の子会社、シエル・エ・テール・ジャパンと共同で本システムを建設する。また、両社は今後も日本国内において、いくつかのフローティングシステムのプロジェクトで連携協力して取り組んでいくとしている。

本事業で採用されたのは、シエル・エ・テール・アンテルナショナル社が開発した、同社の特許技術であるHydrelio©(ハイドレリオ)テクノロジーを用いたフローティング太陽光発電システム。

Hydrelio©テクノロジーは、既存の貯水池、池、水路、湖などを利用して、大地や水を汚染することなく再生可能エネルギーを生み出す水上設置型ソーラーシステム。

地震による影響を最小限に抑える仕組みをもち、地上設置型システムと遜色のない価格帯で建設できる。本システムは貯水の蒸発量と藻類の異常発生(アオコ)を軽減でき、日本各地に数多く点在する灌漑池を有効利用できる可能性がある。

【参考】
フロート式水上メガソーラー、韓国の技術を導入し埼玉県など全国10カ所に設置(2012/11/12)
兵庫県、農業用ため池で「フロート式太陽光発電」の実証実験(2013/7/8)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.