> > 早稲田大学がエンジンの新原理を発見 ハイブリッド車以上、熱効率60%実現か

早稲田大学がエンジンの新原理を発見 ハイブリッド車以上、熱効率60%実現か

 印刷 記事を保存

早稲田大学理工学術院は、単体で従来の2倍以上の熱効率ポテンシャルを持つエンジンを生み出すための画期的なエネルギー変換原理「新圧縮燃焼原理」を発見した。

この原理の有効性が燃焼試験で確認できれば、現在30%程度の自動車用ガソリンエンジンの最大熱効率が60%以上になり、現在のハイブリッドシステム自動車を超える低燃費を実現する可能性がある。また、この高効率エンジンを搭載した自動車を使って各家庭で発電すれば、社会全体のエネルギー総合効率を向上させることも期待できる。

(※全文:870文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.