> > 愛知県に国内最大規模80MWのメガソーラー 東芝プラントシステムが受注

愛知県に国内最大規模80MWのメガソーラー 東芝プラントシステムが受注

記事を保存
愛知県に国内最大規模80MWのメガソーラー 東芝プラントシステムが受注

東芝プラントシステムは、国内最大規模のメガソーラーとして、愛知県田原市で計画されている「たはらソーラー第一発電所」および「たはらソーラー第二発電所」の建設を受注したと発表した。

本メガソーラー(大規模太陽光発電所)は、ダイヤモンドソーラージャパン(三菱商事の100%出資会社)、シーテック(中部電力子会社)、三菱UFJリースの3社共同出資による特定目的会社たはらソーラー合同会社が運営するプロジェクト。発電容量は第一発電所が40.2MW、第二発電所が40.7MWで合計80.9MW。

東芝プラントシステムは、エンジニアリング、土木・建築、太陽光パネル・機器類の調達から工事施工および試験調整までを含めた発電所建設一式を請け負い、2014年度内の発電開始に向け、8月より建設工事に着手する。

たはらソーラー第二発電所建設予定地

同社は、2010年度よりメガソーラーの建設に携っており、現在建設中の案件も含め合計22カ所(総発電容量50MW)で施工を行っている。これについて、同社では、メガソーラー向けに独自開発したオリジナル太陽光パネル架台「KiTyシステム(特許申請中)」の採用により、工期の大幅短縮や施工支援システムなど工法開発にも積極的に取り組んできたことが顧客により高く評価された結果によるものと説明している。「KiTyシステム」では、同社従来比約50%の工期短縮を実現し、2MW級のメガソーラーでは、着工から3カ月での完成を可能とした。

環境負荷の軽減、電力供給の安定化推進と併せ、昨年7月より運用が開始された再生可能エネルギーの全量買取制度により、メガソーラーの建設需要は今後も継続するものと見込まれいる。同社では、これまでの実績に裏打ちされた技術で更なる受注の拡大を目指していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.