> > LED照明の新しい制御方法 1台ずつ無線通信で調光可能エリアも自由自在

LED照明の新しい制御方法 1台ずつ無線通信で調光可能エリアも自由自在

 印刷 記事を保存

LED照明事業を手がける遠藤照明(大阪府大阪市)は、従来の調光システムとは全く異なる「照明空間マネジメントシステム」という新たな考え方の「無線コントロールシステム『Smart LEDZ(スマートレッズ)』」を9月より順次全国で販売する。

従来の調光システムは単純な制御にとどまるものだったが、本システムは、各業態のベネフィットに応じた光環境の最適化と同時に、省エネ・電気代削減を両立し、光のあり方・考え方を変革するものであると説明している。

まず、9月には本システムの基本システムを発売。その後10月にスマートフォン操作を追加発売、2013年冬にピーク時の電力カットを行うデマンド制御との連動を、2014年春にオフィスビルの中央監視制御とのシステムとの連動を追加で発売していく。また、本システムの販売は、設計士、建築士、施工会社などを通して、商業施設、オフィスビル、工場、公共施設など、あらゆる業態を対象に行う予定。

本システムは、LED照明器具やLED光源にワイヤレスモジュール(双方向無線信号モジュール)を一体化することで、従来の調光システム(有線信号方式)では不可能だった、LED照明器具1台ずつやランプ1本ずつをそれぞれ個別に制御することを可能とした。

(※全文:1,310文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.