> > 省エネに取り組む埼玉県のスーパー マルエツが店舗屋上に太陽光発電、LED化も

省エネに取り組む埼玉県のスーパー マルエツが店舗屋上に太陽光発電、LED化も

記事を保存
省エネに取り組む埼玉県のスーパー マルエツが店舗屋上に太陽光発電、LED化も

マルエツの子会社のマルエツ開発は、「マルエツ幸手上高野店」を含むショッピングセンター「エムズタウン幸手東館(埼玉県幸手市)」の屋上に、発電出力171.3kWの太陽光発電システムを設置し、売電事業を開始した。屋上を利用することで太陽熱を遮断でき、店舗の空調負荷が低減されるため、省エネルギーを進めながら電力会社へのエネルギー提供を実現する。延床面積は4,545平方メートル。年間発電量は165,415kwh。

マルエツは、関東を中心に展開するスーパーマーケットチェーン。店舗の照明や冷蔵機器に使用する照明のLED化を進めるなど、CO2排出量削減をはじめとした環境保全の取り組みを積極的に行っている。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.