> > オプティレッド、高天井用LED照明を発売 水銀灯並みの明るさで最大80%省エネ

オプティレッド、高天井用LED照明を発売 水銀灯並みの明るさで最大80%省エネ

記事を保存
オプティレッド、高天井用LED照明を発売 水銀灯並みの明るさで最大80%省エネ

LED照明専門メーカーのオプティレッドライティング(東京都台東区)は、市場のニーズが高い高天井用のLED照明器具需要に対応するため、水銀灯250W、400W、700W相当の明るさを実現できるHID代替LED照明器具「REALPOWER(リアルパワー)」シリーズを8月5日より発売する。今回発売するのは、取り付けタイプがE39口金と直付の2種類で、計6品種。

本製品の特徴として、1.超軽量放熱樹脂採用、2.消費電力最大80%削減、3.約4倍の長寿命、4.安心の3年保証、をあげる。工場、倉庫、屋内商業スペースなどの他、体育館、屋内プールなどの屋内スポーツ施設の高天井用としての需要を見込む。初年度の販売目標台数は3万台。

具体的な特徴は以下の通り。本製品は、水銀灯ランプ250W、400W、700Wと同等の照明効果を実現しつつ、消費電力を約80%削減した。寿命は水銀灯の約4倍の5万時間、1日12時間年間365日点灯で、10年以上交換工事は不要となる。また、水銀灯は安定点灯までに時間がかかるが、本製品は瞬時に点灯・消灯する。

また、E39口金タイプでは、放熱樹脂を採用することで、重量を水銀灯250W相当で700g、水銀灯400W相当で1200g、水銀灯700W相当で1800gに抑え、超軽量化を実現した。E39口金タイプは電源をLED用電源に交換することで、従来のHIDランプ用E39ソケットをそのまま使用できる。光色は全6品種ともに「昼白色」(色温度5000K)。平均演色評価数(光源で照明された物体色がどの程度正確に見えるかという指標)はRa70で、従来の水銀灯のRa40 から大幅に改善した。

オプティレッドグループは、香港、アメリカ、ヨーロッパ、中国、シンガポール、日本に拠点を置く、LED照明専門メーカー。光源から完成品まで一貫して生産をすることで、お客様にお求めやすい価格帯最高品質の製品を提供している。2008年に日本市場へ参入して以来LED直管蛍光灯の分野では、常にトップクラスのシェアを獲得している。

HIDは、高圧水銀ランプ、メタルハライドランプ、高圧ナトリウムランプの総称。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.