> > 高温超電導ケーブル、電車の走行試験で利用に成功 送電ロス減などの効果

高温超電導ケーブル、電車の走行試験で利用に成功 送電ロス減などの効果

 印刷 記事を保存

鉄道総合技術研究所は、実路線でも適用可能な定格1500Vで5000Aを超える電流容量を有する「鉄道用超電導ケーブルシステム」を開発し、世界で初めて超電導ケーブルによる電車の走行試験に成功したと発表した。同システムは、熱侵入の低減や小型化を目的に、見かけ上1本で冷媒の循環を行う「対向流循環方式」を採用することで、冷却機構も一体型させたのが特長。

今後、走行試験を重ねてケーブル構造の最適化を行うとともに、さらに長尺の鉄道用超電導ケーブルを用いた試験により、鉄道路線での使用に適した超電導ケーブルシステムの完成を目指す。

(※全文:801文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.