> > 太陽電池部材、中国市場では中国国産比率がほぼ100%に 日本は新技術で対抗

太陽電池部材、中国市場では中国国産比率がほぼ100%に 日本は新技術で対抗

 印刷 記事を保存

矢野経済研究所は、2013年2月~6月に太陽電池セル・モジュールと部材の世界市場について調査した結果を発表した。

太陽電池セル・モジュール世界市場規模(メーカー出荷容量ベース)は、2012年の31.97GWから、2020年は63.45GWに拡大する見通し。普及施策を強化しつつある東南アジアやインド、アフリカ、中近東といった地域が次の成長市場として控えている。今後も、国・地域の顔ぶれは変わるもののワールドワイドでは旺盛な需要が継続して見込めるため、市場は2ケタ前後の成長を遂げると予測する。

(※全文:1747文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.