> > 東京都・八王子にスマートハウス研究・人材育成のための実習施設

東京都・八王子にスマートハウス研究・人材育成のための実習施設

記事を保存
東京都・八王子にスマートハウス研究・人材育成のための実習施設

学校法人片柳学園(東京都大田区)と、住宅メーカーのヤマダ・エスバイエルホーム(大阪市北区)は、産学連携により日本工学院八王子専門学校(東京都八王子市)キャンパス内に最新のスマートハウス実習棟を新設し、関連する技術者の育成とスマートハウスの普及拡大を目指すと発表した。

両者は、スマートハウスに関連する人材育成から研究開発及び販売に至るまで、スマートハウス実習棟の建設及び活用を通じた包括的な協働に合意した。

スマートハウス実習棟(木造平屋建、施工面積181.34平方メートル)は、現在、同キャンパス内に、ヤマダ・エスバイエルホームが建設を進めている。主な設備は、太陽光発電システム、風力発電システム、電気自動車(蓄電池として利用)、HEMSLED照明、空調システム、地中熱利用システム、壁面緑化システムなど。また、主な実習として、太陽光発電パネルの施工実習、HEMSの実証実験、スマートハウス構造・設備実習、リフォーム実習などを備える。また、建築学科、インテリアデザイン科、ITスペシャリスト科等の学生を対象としたスマート技術の実習を主眼に、構造体やエネルギーシステムの仕組み、制御システムが見えるように設計している。実習棟は、8月末に竣工予定で、9月20日(金)に完成披露式を予定している。

今回の産学連携による主な取り組みとして、

  • スマートハウス実習棟を活用した授業による即戦力となる人材育成
  • 太陽光発電システムの施工技術者の育成
  • スマートハウス関連技術の実験、実証
  • ヤマダ・エスバイエルホーム社員に対する教育
  • 一般ユーザーに対するショールーム的活用
  • 日本工学院学生への就職支援

をあげている。

学校法人片柳学園は、日本工学院を設置する学校法人。日本工学院は技術者養成校として昭和22年に開校。現在、7つのカレッジに100の専門分野を持つ国内最大級の総合専門学校として、八王子と蒲田のキャンパスに1万人余りの学生が在籍、これまでに20万人以上の卒業生を輩出している。

ヤマダ・エスバイエルホームは、創業62周年を迎えた住宅メーカー。平成23年10月にヤマダ電機と資本・業務提携ししたことを機に、本年6月1日、現社名へ変更した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.