> > ウシオライティング、演出照明用LEDスポットライトなど2機種を発売

ウシオライティング、演出照明用LEDスポットライトなど2機種を発売

記事を保存
ウシオライティング、演出照明用LEDスポットライトなど2機種を発売

ウシオライティングは、多目的ホールや宴会場などの演出照明向け「フォロースポットライト」の新商品として、LEDフォロースポットライト「Xebex(R)ULP-150」、新型メタルハライドフォロースポットライト「Xebex(R)UMP-250A」の2機種の販売を開始した。

「LEDフォロースポットライト」は、光源部分に160Wの白色LEDを採用、一般的な150Wのメタルハライドフォロースポットライト相当の出力を達成、色温度も5000Kとしたことで、舞台の色彩、人物の顔色、衣装などを自然のままに再現、被照射物を鮮やかに際立たせることができる。

また、LED光源に適した形状のレンズを開発したことで、照射距離5mにおける最小径1.1mの中心照度4500lxを達成。さらに、照射面の均一度は約75%と、これまでの光源で達成が難しかった数値を実現させた。質量は、一般的な150Wのメタルハライドフォロースポットライトより軽く、1000Wハロゲンフォロースポットライトと同等。文字、絵柄、図形など大きなパターンの照射も可能。結婚式場、学校の体育館などでの使用を想定している。価格は57万円。

「メタルハライドフォロースポットライト」は、これまで販売していた「Xebex(R)UCP-25A」の後継機種という位置づけだが、今回、すべてを白紙に戻し、設計から全面的な見直しを行った結果、ズーム、フォーカス調整における操作性、灯体とスタンドの固定性能を向上させるとともに、オプションでパターンホルダを用意した。ホテルや宴会場などでの使用を想定している。価格は58万円。

フォロースポットライトは、使用する光源によって「クセノンフォロースポットライト」、「メタルハライドフォロースポットライト」、「ハロゲンフォロースポットライト」の3種類あり、大型のスタジアムや屋外ステージから、劇場や屋内ステージ、コンサート会場、ホールや宴会場、学校まで、ステージ上の特定人物、ポイントを狙って照射する演出照明用の機器。

今回発売された「LEDフォロースポットライト」は、フォロースポットにおける「第4番目」の光源として、2011年からステージ・スタジオ照明市場をターゲットに、LEDをベースとした照明機器の開発、販売における事業提携を開始したシーシーエス(京都府)と共同開発したもの。ウシオライティングとしては初めて市場に投入する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.