> > 埼玉県さいたま市のメガソーラー、地元企業による地域雇用を考慮した提案に決定

埼玉県さいたま市のメガソーラー、地元企業による地域雇用を考慮した提案に決定

記事を保存
埼玉県さいたま市のメガソーラー、地元企業による地域雇用を考慮した提案に決定

埼玉県さいたま市は、市有地を活用した大規模太陽光発電施設設置に関する企画提案を募集していた「岩槻区川通地区メガソーラー事業」について、最優秀企画提案事業者が東和・八洲共同企業体に決定したことを発表した。

同共同事業体の代表企業は東和アークス(さいたま市)、構成企業は八洲電業社(さいたま市)。メガソーラーの設置場所はさいたま市岩槻区ほか。設置面積は24,345平方メートル。発電規模は1,600kW。

企画内容としては、地元事業者による施工体制の確立、地元企業との連携による人材確保、災害に備えた避難場所としての機能やシステムの構築、現地見学型環境教室の開催などを挙げている。今後、同市は、最優秀企画提案事業者と事業に係る協定等の締結を行い、事業に着手する。

なお、さいたま市は、エネルギー政策の方向性を明らかにする「さいたま市エネルギー・スマート活用ビジョン~新エネルギー政策~」で、再生可能エネルギーの導入促進を進めている。

【参考】
さいたま市 - 「岩槻区川通地区メガソーラー事業」に係る最優秀企画提案事業者が決定しました(PDF)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.