> > 王子グループ、北海道でバイオマス発電事業 排熱も活用

王子グループ、北海道でバイオマス発電事業 排熱も活用

記事を保存

王子グループは、北海道江別市に発電事業を目的とするバイオマスボイラーを設置すると発表した。バイオマスボイラーで発電した電気は全量外部へ販売する計画だが、発電過程で発生する蒸気および温水の一部を、隣接する王子エフテックス江別工場に供給し、コジェネレーションを推進する。

本バイオマスボイラーは、王子ホールディングスの100%子会社である王子グリーンリソース(東京都中央区)が、王子エフテックス江別工場構内に設置する。設置するバイオマスボイラーは、北海道の山林未利用材を主な燃料とする計画で、燃料集荷にあたっては、同社グループの社有林や木材生産拠点の一層の活用を図る予定。

発電能力は25MWで、設備能力は100T/h(ボイラー発生蒸気量)。売電量は年間約150GWhで、これは一般家庭40,000戸分の電気量に相当する。投資額は約85億円で、売上高は年間約40億円と試算している。2015年7月の稼働開始を予定している。

王子グループでは、グループ資源を活用した資源環境ビジネスの一層の拡大を目指しており、発電事業はその大きな柱の一つと考えている。既に、北海道における水力発電増強工事ならびに太陽光発電設備の設置を決定している。今回のバイオマスボイラーの設置は、静岡県富士市、宮崎県日南市に続き3基目となる。

同グループは、このバイオマスボイラーの設置により、間伐材などの山林未利用資源の活用が進み、国土保全、水源涵養、CO2吸収など様々な機能を持つ森林の整備が促進されるとともに、地域林業の活性化にも貢献できると説明している。今後もグループ資源を生かした発電事業の拡大を図り、事業構造転換を推進していく考えだ。

【参考】
バイオマスの近代型利用に向けて動き始めた世界の状況(2013/8/5)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.