> > 前田建設、太陽光発電の防草処理など低コスト運用方法を開発

前田建設、太陽光発電の防草処理など低コスト運用方法を開発

記事を保存
前田建設、太陽光発電の防草処理など低コスト運用方法を開発

前田建設は2013年3月から開始した太陽光発電事業(茨城県つくば市安食の社有地にて、最大出力1.99MW)を通じて、太陽光発電におけるメンテナンスコストの低減技術やノウハウを取得することも目的のひとつとして、様々な取り組みを行っている。

中でも、太陽光発電施設で課題となる次の二点の取り組みを特徴としている。

1.「防草処理技術」に関する各種実験と運用

発電効率を下げる雑草の繁茂を防ぐための「防草処理技術」に、防草シート(シート2種類)を採用。防草シートの敷設前と後に環境負荷の少ない除草剤を使用し、土のなかに残っている草の成長を抑制しシートの突き破りを防ぐ。その結果、メンテナンスフリーに近い、低コスト運用が可能となった。また、同社は、防草シート、土壌の固化やコーティング方式、除草剤方式および他種植栽方式などを比較、実験し、EPC事業者として最善策を提案していくとしている。

蓄積用「管理システム」を採用
(施設の予防保全を正確に計画・実施するための発電状況および運営関連情報の共有)

リアルタイムモニタリングシステムと、同社が建築分野において独自開発しの次世代建物履歴管理システムichroa(アイクロア)を組み合わせて活用。これにより本店担当者と支店職員、そして遠隔地スタッフの間で、発電効率、機器点検状況など施設管理に関する様々な情報がタイムラグなく共有でき、効率的なO&M(Operation&Maintenance:運転管理・保守点検)に向けたノウハウが蓄積されている。その結果、無駄の 少ない施設管理が容易になり、施設の長寿命化、管理コスト低減も期待できる。

なお本発電所のモジュール架台基礎は、同グループ会社のフジミ工研が得意とする二次製品製造技術を生かしたPCaコンクリートブロック工法を採用している。この工法により、型枠設置やコンクリート打設が不要となり、据付のみで完結する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.