> > 前田建設、太陽光発電の防草処理など低コスト運用方法を開発

前田建設、太陽光発電の防草処理など低コスト運用方法を開発

 印刷 記事を保存

前田建設は2013年3月から開始した太陽光発電事業(茨城県つくば市安食の社有地にて、最大出力1.99MW)を通じて、太陽光発電におけるメンテナンスコストの低減技術やノウハウを取得することも目的のひとつとして、様々な取り組みを行っている。

中でも、太陽光発電施設で課題となる次の二点の取り組みを特徴としている。

1.「防草処理技術」に関する各種実験と運用

蓄積用「管理システム」を採用
(施設の予防保全を正確に計画・実施するための発電状況および運営関連情報の共有)

(※全文:304文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.