> > 神奈川県の製油所跡地に49MWの木質バイオマス発電所 国内最大規模

神奈川県の製油所跡地に49MWの木質バイオマス発電所 国内最大規模

記事を保存
神奈川県の製油所跡地に49MWの木質バイオマス発電所 国内最大規模

昭和シェルは、旧京浜製油所扇町工場跡地(神奈川県川崎市)に木質バイオマスを燃料とする火力発電所を建設すると発表した。同社では、成長戦略の一策として、電力事業を「石油事業」「太陽電池事業」に続く第三の柱へと育成していく考えだ。

バイオマス発電所の発電出力は49MW。発電量は約30万MWhで、一般家庭約83,000世帯の年間消費量に相当する。燃料には木質ペレットやパームヤシ殻を使用する。2014年5月に着工し、2015年12月に稼働する予定。

今回の決定は、同社が「中期経営アクションプラン」に掲げた、電力事業の「規模の拡大」と「発電源メニューの拡充」を具現化し、今後、扇島パワーステーション3号機の増設や太陽光発電事業の拡大と共に同社電力事業の基盤を強化するものとなる。

同社では、本プロジェクトについて、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の適用、後背地に大消費地を有する点や燃料の海上輸送に適した立地条件などのインフラ及びロジスティック面に優位性を有すると説明する。また、バイオマスという環境にやさしい燃料を使用したクリーンな発電により、逼迫する国内電力需給の緩和に貢献する。

今後も同社グループは、基幹エネルギーである石油の可能性を最大化しながら、太陽光発電や高効率でよりクリーンな発電事業など、社会のニーズに合ったエネルギー源を提供し、安定的なエネルギー供給を通じた社会貢献をしていくとしている。

【参考】
バイオマスの近代型利用に向けて動き始めた世界の状況(2013/8/5)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.