> > 香川県善通寺市、グラウンドを太陽光発電所に転換 リース事業者を募集

香川県善通寺市、グラウンドを太陽光発電所に転換 リース事業者を募集

記事を保存
香川県善通寺市、グラウンドを太陽光発電所に転換 リース事業者を募集

香川県善通寺市は、市内グラウンドにて太陽光発電事業を行うにあたり、建設工事及び施設の保守管理等を含めた包括的施設リース契約の候補者を公募型プロポーザル方式で募集する。同事業の発電出力は1,300kW以上。工事期間は契約締結日から平成26年6月30日まで。リース期間は平成26年7月1日から平成46年6月30日までの20年間。リース金額は年額4,500万円を上限とする。

応募事業者は、8月12日までにプロポーザル参加資格審査の申請が必要。8月27日までに企画提案書等を提出し、8月30日までに一次審査(書類審査)結果を通知。9月8日までに二次審査(プレゼンテーション)を実施し、9月13日までに結果を通知する。申込み多数の場合、提案内容を選考の上、一次審査の段階で5社を選定。二次審査で契約の候補者として1社を選定する。

なお、審査は、太陽光発電施設の基本仕様・先進性・創意工夫、発電量及び売電量、リース料及びリース内容、事業の採算性、保証(補償)内容と善通寺市の事業リスク、施設の保守管理方法、情報発信の方法、地元への経済効果・貢献度などの観点から行う。

善通寺市は、「環境重視、美しくさわやかなまちづくり」を目標に掲げ、地球温暖化対策の推進を図っている。今回の事業は、固定価格買取制度の開始を受けて、市有地を活用して太陽光発電事業を行うことにより、CO2の排出削減とともに、新エネルギーの導入促進に寄与することを目的としている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.