> > 大阪ガス、家庭用ガスコージェネの累計販売台数10万台達成 業界初

大阪ガス、家庭用ガスコージェネの累計販売台数10万台達成 業界初

記事を保存
大阪ガス、家庭用ガスコージェネの累計販売台数10万台達成 業界初

大阪ガスは、家庭用ガスコージェネレーションシステムの累計販売台数が8月6日に受注ベースで10万台を達成したと発表した。累計販売台数が10万台に達したのは大阪ガスが初めてとなる。

家庭用ガスコージェネレーションシステム(以下、家庭用コージェネ)は、ガスを使って発電した電気を家庭内で利用するとともに、その際に出る熱も給湯等に利用する環境に優しいシステムのことをいう。家庭用コージェネは、分散型エネルギーシステムとして、高い省エネ性とCO2削減とともに、社会的ニーズが高まっているエネルギーセキュリティの向上や、電力ピークカットに貢献する。10万台の販売によるCO2削減効果は年間約10万トンとなり、杉の木約720万本の植林に相当。また、最大で約9万5,000kWの電力ピークカットを実現するという。

同社では、家庭用コージェネとして、平成15年3月に、クリーンな天然ガスでガスエンジンを駆動させて発電する方式の「エコウィル」(ガス発電・給湯暖房システム)、平成21年6月に、天然ガスから取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させて発電する方式の「エネファーム」(家庭用燃料電池コージェネレーションシステム)の販売を開始した。同社によると、従来システムのガス給湯暖房機等と比べると、「エコウィル」は年間でCO2排出量を約0.9トン、光熱費を約4.4万円削減、「エネファーム」は年間でCO2排出量を約1.3~1.9トン、光熱費を約6.5~9.0万円削減できる。

同社では、「エコウィル」「エネファーム」の販売を開始以降、コストダウン・発電効率等性能の向上・コンパクト化・自立運転機能の付加などの技術開発に取り組み、新製品を発売している。現在、「エコウィル」を79万5,690円(税込)より、「エネファーム」を260万4,000円(税込)よりラインナップする。

また、同社では、自然エネルギーである太陽光発電と家庭用コージェネを組み合わせた「ダブル発電」の普及にも取り組む。「ダブル発電」により、家庭の環境負荷を一層低減できるとともに、使用電力量の約80%を発電することができる。また、家庭用コージェネで発電した電気を家庭で優先的に使用するため、太陽光発電で発電した電気の売電量が増加し、経済性も高めることができる。今後も家庭用コージェネと「ダブル発電」の普及促進に取り組んでいく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.