> > CFPを活用し製品のCO2排出量をカーボン・オフセット、試行事業研究会を開催

CFPを活用し製品のCO2排出量をカーボン・オフセット、試行事業研究会を開催

 印刷 記事を保存

経済産業省は、「カーボンフットプリント(CFP)を活用したカーボン・オフセット製品等」試行事業研究会を設置し、第1回会合を9月3日(火)に開催する。本事業は、「CFPを活用したカーボン・オフセット製品等」を認証する仕組みの構築及び制度普及につなげることを目的としている。

「カーボンフットプリント(CFP)」は、製品等の原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクルを通して排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算して、製品に分かりやすく表示する取り組み。

(※全文:781文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.