> > NTTデータ、電力のビッグデータ分析で米企業と共同研究へ

NTTデータ、電力のビッグデータ分析で米企業と共同研究へ

 印刷 記事を保存

NTTデータと米AutoGrid Systems,は、リアルタイムビッグデータ分析に基づいた需要家ごとの需要予測による電力ピークカット手法の共同研究を9月より開始する。

今回、両社が研究対象とする手法は、ビッグデータ分析技術を用いてリアルタイムに需要家ごとの電力消費の予測分析を行い、その分析結果を需要家にフィードバックすることで需要家側での自主的な省エネ行動を促進して、ボトムアップ型の電力ピーク削減を実現するもの。これにより、需要家の自発的なピーク電力削減による電力系統の安定化と、需要家の電気料金削減の両立を目指す。

近年、世界的な電力需要拡大に対応するため、ITを活用したピーク電力削減のニーズの高まりとともに、デマンドレスポンスをはじめとするデマンドサイドマネジメントの導入が急速に拡大しており、今後も成長が見込まれている。

(※全文:827文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.