> > ミサワホームの住宅、東芝の屋根建材型太陽電池で10kW以上搭載(全量買取)

ミサワホームの住宅、東芝の屋根建材型太陽電池で10kW以上搭載(全量買取)

記事を保存
ミサワホームの住宅、東芝の屋根建材型太陽電池で10kW以上搭載(全量買取)

東芝は、公称最大出力125Wの屋根建材型太陽電池モジュールを商品化し、ミサワホームが8月23日から発売する10kW以上の太陽光発電システムを搭載できる自由設計の住宅「Solar Max(ソーラーマックス)」シリーズに採用されたと発表した。

ミサワホームによると、戸建住宅においては、屋根面積の制約などから10年間の余剰買取方式が適用される太陽電池容量10kW未満が主流だったが、20年間の全量買取方式が適用される10kW以上を搭載することで、より大きな売電収入を得たいというニーズが徐々に高まってきているという。

ミサワホームは、変換効率が向上した東芝製の太陽電池モジュールを新規採用することで、10kWの搭載に必要な屋根面積を、同社比で約2割小さくした。「Solar Max」シリーズは木質系戸建住宅、木質系賃貸住宅、鉄骨系戸建住宅で展開し全国(沖縄県を除く)で発売する。

屋根建材型125W太陽電池モジュール 外観

屋根建材型125W太陽電池モジュール 外観

東芝が今回商品化した太陽電池モジュール「Fシリーズ」は、同社初の屋根建材型の太陽電池モジュール。最大モジュール変換効率は13.6%。外形寸法は910×1,009×33mm(凸部を除く。働き寸法)。質量は11kg。

屋根材を兼ねているため、屋根材の上に太陽電池モジュールを搭載する据置き型に比べて屋根への重量負担が軽減できるとともに家全体としてコストダウンを図ることも可能となる。

また、高効率の単結晶シリコン太陽電池セルの採用により、限られた面積でもより多くの発電量が得ることができる。日本住宅に多い尺モジュール(910mmピッチ)に合わせた外形寸法で、屋根全面への効率的な設置が可能とした。例えば75平方メートル程度の屋根面積で全量買取制度が適用される10kWの太陽光発電システムが搭載でき、より大きな売電収入を得たいというニーズに応える。

さらに、黒いバックシートを採用することによりモジュール全体を黒色に統一することで外観上、美しいデザインを実現した。

新商品は、同社が本年3月1日から開始した、太陽電池モジュールの出力を最長20年、構成機器を15年保証する長期保証制度「パワフル保証」に加入できる。飛び火に対しての防火性能を備え、長期間にわたって安心してシステムとして提供する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.