> > 土壌のバイオ浄化、費用・期間を確実に予測可能な技術が開発される

土壌のバイオ浄化、費用・期間を確実に予測可能な技術が開発される

 印刷 記事を保存

新日鉄住金エンジニアリングは、土壌浄化における原位置浄化技術の一つであるバイオレメディエーション工法に関して、独自の「原位置バイオ技術」を確立したと発表した。本技術開発では、独自の設計技術と事前の確認実験手法を見出し、これまで難しかった浄化水準・浄化費用・浄化期間等の予測を確実に行えるようにした。

バイオレメディエーション工法は、土中に栄養剤を注入して土着微生物の活性を高め、微生物の代謝機能を用いることにより汚染物質を無害化する技術であり、従来の掘削除去工法や化学酸化工法に比べて非常に安価でかつ、二次汚染の心配もない。しかし、従来のバイオレメディエーション工法は、事前に効果を予想することが難しく、浄化水準・浄化費用・浄化期間を明確に予測することができなかった。

(※全文:963文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.