> > 福岡県、九州初 県営ダムの放流水を活用した小水力発電を検討

福岡県、九州初 県営ダムの放流水を活用した小水力発電を検討

記事を保存
福岡県、九州初 県営ダムの放流水を活用した小水力発電を検討

福岡県は、糸島市にある県営「瑞梅寺ダム」において、糸島市が発電事業者となり、平成26年度末からの小水力発電開始に向け具体的な検討に入ることになったと発表した。市町村による県営ダムの放流水を活用した小水力発電の取り組みは、九州では初。全国的にも先駆的な取り組みとなる。最大使用水量は0.3m3/s、最大出力は99kw。年間発電量は668Mwh(一般家庭に供給する場合、約190世帯分に相当)。売電を行う場合、年間の売電収入は2,300万円を見込んでいる。

同県は、市町村等と連携して、地域の資源や特性を活かした再生可能エネルギーの導入を積極的に推進している。県営ダムの放流水を活用した小水力発電については、事業の採算性の検討を行い、検討結果を踏まえ、ダムの共同事業者(福岡県、福岡市、糸島市)と発電事業の実施に向けて協議してきた。その結果、12ダムのうち4ダム(瑞梅寺、藤波、力丸、陣屋)について採算が見込まれることが分かった。

県としては、再生可能エネルギーの地産地消モデルの構築につながるこの取り組みを支援するとともに、他のダムにおいても、引き続き発電事業の実施に向けて共同事業者と協議を進めていく。支援については、技術的支援(計画策定、設計等に関する指導・助言)、事業費支援(設備導入補助事業に先進的な取り組みとして採択された場合、1億円を上限として補助率1/2の補助)を行う。

瑞梅寺ダム全景

 瑞梅寺ダム全景

【参考】
福岡県 - 県営ダムの放流水を活用した小水力発電の取り組みについて(PDF)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.