> > JFEエンジ、北海道釧路市で21.7MWの太陽光発電所建設を受注

JFEエンジ、北海道釧路市で21.7MWの太陽光発電所建設を受注

記事を保存
JFEエンジ、北海道釧路市で21.7MWの太陽光発電所建設を受注

JFEエンジニアリングは、スパークス・グループ(東京都)が北海道釧路市で進める発電事業において、約21.7MWの「SGET釧路鶴野メガソーラー発電所」の建設を受注したと発表した。

同事業は、東京都の官民連携インフラファンドの運用事業者に選定された、スパークス・グループの完全子会社 スパークス・アセット・マネジメントがグループ会社を通じて特別目的会社を設立し、釧路市内の約47ヘクタールの土地でメガソーラーによる発電事業を行うもの。年間発電量は2,400万kWh(一般家庭6,700世帯分の消費電力に相当)。完成は2015年5月末、6月より稼働予定。発電した電力は北海道電力に売電される。

JFEエンジニアリングは、2011年に北海道支店道東営業所を開設。道東地区は、年間を通じての日照時間が長く、太陽光発電に適しており、インフラ整備のマーケティングを進めてきた。そこで、事業参入を目指すスパークス・グループに対して、この地域の土地を借り受けたメガソーラーによる発電事業の提案を行い、今回のプラント受注に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.