> > 東京電力と東芝が合弁会社設立 スマートメーターで海外の送配電事業に参入

東京電力と東芝が合弁会社設立 スマートメーターで海外の送配電事業に参入

 印刷 記事を保存

東芝と東京電力は、海外送配電分野におけるエンジニアリング支援やサービス事業などを手掛ける新会社 T. T. Network Infrastructure Japan株式会社(東京都)の設立に関して合弁契約を締結したと発表した。

新会社は、東芝の変電・系統ソリューションに関する技術と、東京電力の系統計画・設計・運用・保守技術に関するノウハウを融合し、海外での送配電ソリューションを提供。海外各国に送配電事業の拠点を有するとともに、スマートメーター市場で世界トップシェアを持つランディス・ギア社を傘下に持つ東芝と、高い送配電の管理運用技術を持つ東京電力が連携することで、先進国から東南アジア、インド、中南米など新興国まで幅広い市場をターゲットに事業展開する。

(※全文:926文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.