> > 環境省、J-クレジット制度のモニタリング費用を支援 上限100万円

環境省、J-クレジット制度のモニタリング費用を支援 上限100万円

記事を保存
環境省、J-クレジット制度のモニタリング費用を支援 上限100万円

図中、「モニタリング」の部分の費用が支援される
※拡大画像はこちらをクリック

環境省は、「平成25年度J-クレジット等の創出に係る事業者支援事業」として、プロジェクト計画書・報告書の作成やモニタリング費用の支援等を受ける事業者の公募を開始した。支援内容は、【1】プロジェクト計画書作成・妥当性確認受検支援、【2】モニタリング実施・モニタリング報告書作成・検証受検支援。

対象事業者の条件は、地球温暖化対策の推進に関する法律に基づく算定・報告・公表制度の対象外の事業者であることなど。予定件数(【1】と【2】の合計125件程度)に達するまで年間を通じて随時公募を行う。

支援内容の具体的な内容は以下の通り。

【1】プロジェクト計画書作成・妥当性(バリデーション)確認受検支援

既存の方法論を活用した事業、又は新規方法論の策定を伴う事業として採択が見込まれる事業者を対象に、平成26年2月末までにJ-クレジット制度に基づく妥当性確認まで終了見込みの事業について、プロジェクト計画書作成指導、妥当性確認時の問合せへの対応支援を行う。

【2】モニタリング実施・モニタリング報告書作成・検証(ベリフィケーション)受検支援

プロジェクトの登録を受けた事業者のうち、平成26年2月末までに第三者検証を終える意思を有する事業者を対象に、モニタリングに係る経費の支援、モニタリング報告書作成指導、検証時の問合せへの対応支援を行う。支援額は100万円を上限に全額。ただし、モニタリングに必要な設備、機材等の物品の購入費は支援の対象にならない。

【参考】
環境省 - J-クレジット等の創出に係る事業者支援の開始について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.