> > 沖縄県の太陽光発電は接続量に限界あり? シンクタンクの調査レポートで指摘

沖縄県の太陽光発電は接続量に限界あり? シンクタンクの調査レポートで指摘

 印刷 記事を保存

産業・経済・金融に関する調査研究などを行う、りゅうぎん総合研究所(沖縄県)は、調査レポート「太陽光発電システムについて」を発表した。同レポートでは、国内と沖縄県における太陽光発電システムの普及状況や今後の見通しなどがまとめられている。

同レポートによると、沖縄県における住宅用太陽光発電補助金の交付決定件数は、前年比18.5%増の3,232件で全国33位。平均設置容量は、新築5.22kW(全国平均4.19kW)、既築6.30kW(同4.75kW)、合計平均6.17kW(同4.59kW)となり、全国1位だった。沖縄県における太陽光発電システムの普及率は年々増加しており、平成21年度の普及率が2.5%に対し、平成24年度は3.3ポイント増の5.8%となった。

(※全文:769文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.