> > 東芝がHEMSの新製品 積水ハウスの新築住宅などで販売

東芝がHEMSの新製品 積水ハウスの新築住宅などで販売

記事を保存
東芝がHEMSの新製品 積水ハウスの新築住宅などで販売

東芝グループは、ハウスメーカー、マンションデベロッパー向けなどの家庭用エネルギーマネージメントシステム(HEMS)の新製品として、新機能を追加したホームゲートウェイと、設置性を向上させたエネルギー計測ユニットを11月から販売する。

今回の新製品を含む東芝グループのHEMS製品は、積水ハウスのHEMSの一つとして採用され、11月から同社が提供する新築住宅向けに販売が開始される予定。

今回発売する「ホームゲートウェイ(HEM-GW13A)」は、家庭内のHEMS対応の家電機器とネットワークを構成し、インターネット経由でサーバに接続するためのECHONET Lite対応ネットワーク機器。従来のITアクセスポイントの後継機で、クラウドサービスにつながる通信機能として、従来のBluetooth無線・有線LANに加えて、WiFi(無線LAN)にも対応し、普及拡大しているタブレット端末との直接接続が容易になった。さらに、インターネットに接続することなく、家庭内で見える化・家電操作が可能となる「SimpleHEMS」機能を新たに追加した。

東芝「SimpleHEMS」接続イメージ

SimpleHEMS接続イメージ

「エネルギー計測ユニットS(HEM-EME1A)」は、家庭内の分電盤と接続し、家庭全体および分岐回路ごとの消費電力量や太陽光発電の発電電力量などの見える化を実現する。コンパクトなデザインを採用し、従来機に比べ、容積約84%、質量約59%ダウンした。分岐は10回路まで計測可能。ホームゲートウェイの通信は無線方式を採用しているので、既築住宅にも導入可能。

また、家庭内のネットワークでつないだ各家電機器をクラウドサービスする有料の会員向けサービス「フェミニティ倶楽部」についてもリニューアル公開を行う。スマートフォンでの操作性を考慮して、アイコンのボタンを押すだけで操作できるタイル方式の画面デザインを採用し、エネルギーの見える化やエアコンなどの遠隔操作がより簡単にできるよう改善した。

今回、HEMSの新製品を発売したホームソリューション事業は、東芝グループがスマートコミュニティの実現に向けて、注力しているコア事業の一つ。今後、東芝グループは、ハウスメーカー、マンションデベロッパー向けを中心に製品ラインアップの拡充を図るとともに、クラウドサービスと連携するスマート家電のラインアップの拡充や太陽光発電家庭用蓄電池燃料電池などの新エネルギー機器の効率制御など、スマートホーム技術の開発、製品の拡大に取り組んでいくとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.