> > 三菱商事、ロシア大統領府に電気自動車「i-MiEV」70台を納入

三菱商事、ロシア大統領府に電気自動車「i-MiEV」70台を納入

記事を保存
三菱商事、ロシア大統領府に電気自動車「i-MiEV」70台を納入

三菱商事は、三菱自動車工業と出資する在ロシアの三菱自動車正規輸入販売会社MMC Rus(MMCR)を通じて、ロシア大統領府に三菱自動車製電気自動車(EV)i-MiEV計70台を納入した。

ロシア大統領府がEVを購入するのは初めてで、これは現在、大統領府に納入されている唯一の日本メーカー製の自動車となる。今回納入されたi-MiEVは、9月5日~6日にサンクトペテルブルグで開催されるG20サミットの会場 コンスタンチノフスキー宮殿内で関係者の移動に利用される。サミット閉幕後は大統領府施設にて利用される予定。

MMCRは、2011年にロシアで初めてi-MiEVの販売を開始。現在、同国で唯一、量販電気自動車の販売を行なっている。同社はロシアで排出ガスを出さない環境にやさしいEVの普及に努めてきた結果、ロシア大統領府からの受注、納入に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.