> > スマートメーター等向け電気二重層キャパシタ量産 最小最薄で高温長期信頼性を実現

スマートメーター等向け電気二重層キャパシタ量産 最小最薄で高温長期信頼性を実現

 印刷 記事を保存

村田製作所は、主にSSD(Solid State Drive。記憶装置の一種)のバックアップおよびスマートメーター(通信機能付き電力計)のパワーアシスト向けに、世界最小最薄かつ低抵抗で、高温長期信頼性に優れた電気二重層キャパシタ(DMTシリーズ)の量産を開始したと発表した。

DMTシリーズの定格電圧は4.2V、公称容量は470mF、厚みは3.5mm。今回、同社は、2012年10月より量産中の世界最小最薄サイズ電気二重層キャパシタ(DMFシリーズ)と同サイズを維持しながら、高温長期信頼性を実現したDMTシリーズを商品化した。材料および設計を最適化することで高温下における特性劣化を抑制し、70℃下で5年の長期信頼性を達成した。また、130mΩの低ESR(等価直列抵抗)を薄型パッケージ(21mm×14mm)で実現することで、幅広い入出力範囲で高効率での充放電が可能。さらに、内部構造の工夫により、高電圧に対応する。

(※全文:1,009文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.