> > 東北電力がスマートメーターのメーカー募集へ 10月に説明会

東北電力がスマートメーターのメーカー募集へ 10月に説明会

記事を保存

東北電力は、平成27年1月以降、管内全域の顧客を対象に、約670万台のスマートメーター(次世代電力計)を、順次導入する見込みであると発表した。

コスト削減を目指し、取引先となるスマートメーターの製造メーカーの公募を行うため、10月に説明会を開催するとしている。

説明会では、趣旨、導入スケジュール、登録申込から契約までのフロー、スマートメーターの型式申請・技術審査の概要などについての説明がおこなわれる。

参加資格として、「スマートメーター製造メーカーとして、高品質・低コストの製品を責任をもって安定的に継続供給できること」などが条件としてあげられている。説明会には製造メーカーの他に、代理店(メーカーからの委任状が必要)も参加することができる。

説明会の申し込み期日は9月18日(水)までとなっている。

【参考】
関西電力、スマートメーターの一般競争入札を実施 8月2日に説明会(2013/7/10)
東京電力のスマートメーターシステム、東芝・NTTデータが受注(2013/5/2)
東北電力 - スマートメーター調達に関する公募の開始について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.