> > ガス欠ならぬ、EVの「電欠」レスキュー用急速充電器が来日

ガス欠ならぬ、EVの「電欠」レスキュー用急速充電器が来日

 印刷 記事を保存

マイクロコンピュータ開発支援装置の開発・製造・販売や電気自動車(EV)支援事業を行うマイダス・ラボ(東京都)は、電欠レスキューの導入を支援するため、米国のAndromeda Power LLCの販売代理店として、市販EVに積載可能な急速充電器「ORCA Inceptive」の取り扱いを開始する。

同製品は、日産リーフのトランクに搭載できるCHAdeMO仕様(最大出力50kW)で、電欠車両に6~10分で5kWhの電力を急速充電可能(30km~40kmの走行が可能な電力に相当)。給電用のエネルギーには、電欠レスキュー車自身の走行用バッテリー(日産リーフの場合24kWh)を使用。電欠レスキュー車への発電機や追加バッテリーの搭載が不要なため、低コストで簡単、迅速に、電欠レスキュー車の導入が可能。ロードサービス会社だけでなく、EVオーナーを顧客として持つ企業にとっても、顧客満足度の向上に活用できる。同社は、この電欠レスキューの導入支援を通して、電欠不安を解消し、EVの普及に貢献したい考えだ。

(※全文:304文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.