> > ガス欠ならぬ、EVの「電欠」レスキュー用急速充電器が来日

ガス欠ならぬ、EVの「電欠」レスキュー用急速充電器が来日

記事を保存

マイクロコンピュータ開発支援装置の開発・製造・販売や電気自動車(EV)支援事業を行うマイダス・ラボ(東京都)は、電欠レスキューの導入を支援するため、米国のAndromeda Power LLCの販売代理店として、市販EVに積載可能な急速充電器「ORCA Inceptive」の取り扱いを開始する。

同製品は、日産リーフのトランクに搭載できるCHAdeMO仕様(最大出力50kW)で、電欠車両に6~10分で5kWhの電力を急速充電可能(30km~40kmの走行が可能な電力に相当)。給電用のエネルギーには、電欠レスキュー車自身の走行用バッテリー(日産リーフの場合24kWh)を使用。電欠レスキュー車への発電機や追加バッテリーの搭載が不要なため、低コストで簡単、迅速に、電欠レスキュー車の導入が可能。ロードサービス会社だけでなく、EVオーナーを顧客として持つ企業にとっても、顧客満足度の向上に活用できる。同社は、この電欠レスキューの導入支援を通して、電欠不安を解消し、EVの普及に貢献したい考えだ。

電欠レスキューとは、EVが電欠した際、その場に出向き、応急充電を行う、EVの普及に必要不可欠なソリューション。そこで考案されたのが、EVを給電カーとして利用する、EVによるEVのための電欠レスキュー構想「EV to EV concept」。電欠レスキュー車の走行用バッテリーをレスキュー給電にそのまま活用することで、従来の大がかりな電欠レスキュー車に比較し、シンプルで機動性・実現性に優れているのが特長。

EVの電欠対策は、充電に困らない充電インフラの整備と、電欠しても安心な環境を作ることが重要。前者は経済産業省が先頭にたち推進しているが、後者は取り残されている。EV to EV Conceptは、後者の「電欠しても安心」という側からのアプローチを提案。EVが電欠した場合、現在は積載車に載せられ最寄りの充電設備のある場所へ搬送されるが、EVto EV Concept では、ガス欠時と同じように、その場での電力補充を実現する。

なお、9月25~27日に東京ビッグサイトで開催される「電気自動車開発技術展2013」において、同充電器を積載した電欠レスキュー車が展示される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.