> > 三井物産・ソフトバンクグループ、北海道安平町に111MWのメガソーラーを建設

三井物産・ソフトバンクグループ、北海道安平町に111MWのメガソーラーを建設

記事を保存
三井物産・ソフトバンクグループ、北海道安平町に111MWのメガソーラーを建設

三井物産ソフトバンクグループのSBエナジーは、北海道苫小牧東部に位置する日本最大の工業基地において、出力規模が約111MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を設置し、共同で発電事業に参画すると発表した。発電所は10月中の着工予定で、2015年度冬の運転開始を目指す。

本発電所の名称は「ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク」。苫小牧東部地域の開発等を手がける苫東(北海道苫小牧市)が所有する北海道勇払郡安平町の約166万平方メートル(約166ha)の土地に設置される。出力規模(モジュール容量)は約111MW。年間予想発電量は約1億801万4,000kWhで、これは一般家庭約3万世帯分の年間電力消費量に相当する。三井物産とSBエナジーが設立する「苫東安平ソーラーパーク」が運営を行う。「苫東安平ソーラーパーク」の出資構成は三井物産とSBエナジーが50%ずつ。

苫小牧東部地域では、昭和46年北海道開発庁(現国土交通省北海道局)が、「苫小牧東部大規模工業基地開発基本計画」を策定し、重厚長大型の工業基地を目指した国家的プロジェクトとして開発がスタートした。苫東は本計画に基づき設立された会社を前身とする。本開発では、平成7年には計画の見直しが行われ、「苫小牧東部開発新計画」が策定され、産業生産機能、学術研究機能、居住生活機能などを備えた「自然と共生するアメニティに満ち溢れた複合都市形成」を目指すこととなった。苫小牧市、安平町、厚真町の1市2町にまたがる総面積10,700ヘクタールに及ぶ広大な開発面積を有している。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.