> > 柏の葉スマートシティ、センター街区が2014年4月より順次開業

柏の葉スマートシティ、センター街区が2014年4月より順次開業

 印刷 記事を保存

三井不動産は、千葉県柏市において、柏の葉スマートシティの中核エリアとして複合開発を進めているセンター街区のネーミングを「ゲートスクエア(GATE SQUARE)」とし、2014年4月より各施設を順次開業し、7月にグランドオープンすると発表した。

「ゲートスクエア」は、多彩な都市機能を集積させたスマートシティの玄関口となる。ここでは、エネルギー、防災、交通、健康、疾病・介護予防、ビジネス環境、国際交流空間など、様々な都市機能の高度化を進めており、周辺街区も含めたスマートシティのマネジメント機能が集約される。

「ゲートスクエア」の主な特徴は以下の通り。

●地域一帯のエネルギーを管理する「柏の葉スマートセンター」

スマートセンター(イメージ)

「ゲートスクエア」を含む柏の葉キャンパス駅周辺一帯(約12.7ヘクタール)の各施設や電源設備をつなぐAEMS(エリアエネルギー管理システム)を構築。このエネルギー管理拠点として「柏の葉スマートセンター」を設置し、街区を越えて電力を融通しあう日本初の本格的なスマートグリッドの運用をオープンと同時に開始する。また、同センターでは日々の電力使用状況を分析して光熱費の削減につなげる具体的な省エネ・アドバイスを各テナントに提供する。

(※全文:1,787文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.