柏の葉スマートシティ、センター街区が2014年4月より順次開業

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

三井不動産は、千葉県柏市において、柏の葉スマートシティの中核エリアとして複合開発を進めているセンター街区のネーミングを「ゲートスクエア(GATE SQUARE)」とし、2014年4月より各施設を順次開業し、7月にグランドオープンすると発表した。

「ゲートスクエア」は、多彩な都市機能を集積させたスマートシティの玄関口となる。ここでは、エネルギー、防災、交通、健康、疾病・介護予防、ビジネス環境、国際交流空間など、様々な都市機能の高度化を進めており、周辺街区も含めたスマートシティのマネジメント機能が集約される。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事