> > 12年度の太陽光発電市場、初めて1兆円を突破 前年度比80%増

12年度の太陽光発電市場、初めて1兆円を突破 前年度比80%増

記事を保存
12年度の太陽光発電市場、初めて1兆円を突破 前年度比80%増

国内太陽光発電システム市場規模推移と予測(※拡大画像はこちら

矢野経済研究所は、国内の太陽光発電システム市場の調査を実施し、「国内太陽光発電システム市場に関する調査結果2013」として発表した。

これによると、2012年度の国内太陽光発電システム市場規模は、エンドユーザ販売金額ベースで1兆3,198億円と初めて1兆円の大台を突破した。前年度に比べると180.9%と、2009年度の前年度比234.7%に次ぐ高い伸びを記録した。内訳は、住宅用が前年度比114.2%の7,046億円、公共・産業用が前年度比545.9%の6,152億円と、公共・産業用システム市場が急拡大した。

新築戸建住宅における太陽光発電システムの搭載率は、2008年度の4.6%から2011年度には22.6%、さらに 2012年度には26.2%に達した。また、国内太陽光発電システムで使用される太陽電池モジュールのうち、2012年度の海外メーカーブランド製モジュールのシェアは、住宅用16%、公共・産業用17%となり、全体でも17%に留まった。しかしながら、多くの国内太陽電池メーカーでは、自社生産設備の拡充よりも、生産の海外移管や海外太陽電池メーカーからのOEM調達を進めていることから、国内市場における海外製太陽電池モジュールのシェアは急増している。

今後の国内太陽光発電システム市場のうち、住宅用は新築住宅の搭載率の上昇により2020年度まで拡大基調で推移すると予測。一方、公共・産業用については、2014年度までは急拡大するものの、その後は固定価格買取制度の買取条件の悪化やシステム設置場所の不足等のため急激に縮小すると予測。市場規模は、2014年度には3兆159億円まで拡大するも、2020年度には1兆17億円と2012年度実績を下回るレベルにまで縮小すると予測している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.