2012年の太陽電池モジュールの生産量 1位中国66%、2位日本9%

  • 印刷
  • 共有

市場調査報告書の販売等を行うグローバル インフォメーション(神奈川県)は、世界の太陽電池(PV)モジュール市場について調査分析した報告書「Solar PV Modules - Market Size, Annual Production, Average Price, Competitive Landscape and Key Country Analysis to 2020 (世界の太陽電池モジュール市場:市場規模、年間生産量、平均価格、競合情勢、主要国分析)」の販売を開始した。

同報告書によると、太陽電池モジュールの設置件数は、2006~2011年にかけて大幅に伸び、とりわけ2008~2011年までは累積発電能力が毎年50%以上増加。年間設置件数は、スケールメリットの拡大、新技術の登場、各国政府の政策や制度上の支援策などを背景に、2006年の1.43 GW(ギガワット)から2011年の28.94GWへと増えている。しかし、2012年には業界全体が当初の成長局面から調整局面へと移行し始め、太陽光発電業界にとって重要性の高い国々の政府が支援策を縮小したり打ち切ったりしたこともあり、成長率は大幅に低下した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事