> > 四国電力グループ、フィリピンで電力メーターリサイクル事業の準備調査を開始

四国電力グループ、フィリピンで電力メーターリサイクル事業の準備調査を開始

 印刷 記事を保存

四国電力は、フィリピンにおいて、使い捨てされている電力メーターをリサイクルする事業の準備調査を開始する。また、今後、スマートメーターの導入に伴い、日本で不要になる機械式メーター(200V)の現地での再利用の可能性についても調査を実施する。

同社はグループ企業の四国計測工業(株)と共同で、JICA(国際協力機構)に対し、フィリピンにおける「電力メーターメンテナンス技術移転によるメータリサイクル事業準備調査」として提案し、このほど採択された。開発途上国の社会的課題の解決を図る「BOPビジネス」に位置づけられるものであり、今回の調査は、JICAの同ビジネスへの支援制度を活用して実施する。

現在、フィリピンの地方部では、電力メーターがメンテナンスされることなく、使い捨てされており、メーターの適正管理による設備投資削減や環境保全が社会的課題となっている。両社は、これらの課題解決を目的として、メーターメンテナンス技術を現地に移転し、使い捨てされているメーターを再利用することによる「メーターリサイクル事業モデル」について、その実現性や雇用創出の可能性を調査する。

調査の内容は以下を予定している。

(※全文:895文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.