> > 三菱重工と風力発電世界大手ヴェスタス、洋上風力の新合弁会社を設立

三菱重工と風力発電世界大手ヴェスタス、洋上風力の新合弁会社を設立

記事を保存
三菱重工と風力発電世界大手ヴェスタス、洋上風力の新合弁会社を設立

三菱重工業は、風力発電機世界大手のデンマークのヴェスタス社と、洋上風力発電設備専業の新しい合弁会社を2014年3月末までに設立すると発表した。同社は、新合弁会社に1億ユーロ(約133億円)を投入、さらに発足後の実績に基づいて2億ユーロを追加投入する計画だ。

また、2016年にはコールオプション(買付けの権利権)を行使し、出資比率を三菱重工51%、ヴェスタス社49%とする予定。

新合弁会社は両社の洋上風力発電設備事業を分割・集約して発足し、洋上風力発電設備の開発・設計・調達・製造・販売・アフターサービスまでを手掛ける。三菱重工の重電プラントで培った総合的な技術力・信用力とヴェスタス社の持つ豊富な経験・技術を新合弁会社に結集することで、急成長が期待される洋上風力発電設備市場でグローバルリーダーを目指す。

三菱重工の風力発電設備事業は、1982年に日本での商用機第1号となる設備を納入して以降、現在まで4,200機超(約440万kW)を国内外に供給している。そのうち、洋上風力発電設備では、世界初となるデジタル制御油圧ドライブトレイン(DDT)を採用した大型風力発電設備の開発を通じ、英国での陸上実証機や福島沖浮体式洋上ウインドファーム実証研究事業を行っている。

新合弁会社では、ヴェスタス社の商用機である3,000kW機(V112)に加え、同社が現在鋭意開発中のギヤ式8,000kW機(V164)も市場投入する。さらに三菱重工のDDTを搭載した風力発電設備も、V164のプラットフォームを活かして早期に市場投入をはかる予定。

ヴェスタス社(Vestas Wind Systems A/S)は、陸上風力発電設備で世界第1位、洋上風力発電設備で第2位の有力メーカーで、同社の風力発電設備は73ヵ国において導入されている。従業員数は約1万7,000人。そのうち、洋上風力発電設備は1990年にデンマークで初号機を建設して以降、現在までに581基(約141万kW)に及ぶ建設実績を持つ。

洋上風力発電は英国、ドイツをはじめとする欧州各国を中心に、老朽石炭火力や原子力の代替エネルギーとして長期的な成長が見込まれており、日本においても今後導入拡大が予想されてる。今回の新合弁新会社の設立は、これらの市場の将来性をにらんだものと説明している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.