> > 東レ、米企業買収 風車の翼などに使われる炭素繊維事業に参入

東レ、米企業買収 風車の翼などに使われる炭素繊維事業に参入

記事を保存

東レは、米国のラージトウ炭素繊維メーカー・Zoltek(ゾルテック)との間で、同社の全株式を1株あたり16.75US$、総額約584百万US$で取得することに合意した。

「ラージトウ」は、フィラメント数が40K(40,000本)以上の炭素繊維で、風力発電機翼、樹脂コンパウンド強化剤等に使用されており、風力発電・自動車構造体用途でコストと性能のバランスから採用拡大が見込まれている。東レは、炭素繊維複合材料事業を戦略的拡大事業と位置づけ、積極的な経営資源の投入による事業拡大を進めており、今回のラージトウ炭素繊維事業参入により、一層の事業拡大を目指す。

Zoltekは1988年にラージトウ炭素繊維事業に参入し、1996年にハンガリー、2007年にメキシコのアクリル繊維工場を買収し、ラージトウ炭素繊維の需要開拓を進めてきた。レギュラートウ炭素繊維メーカーとは一線を画すマーケティング戦略を推し進め、徹底的にコスト競争力を強化することで、近年では風力発電関連用途需要の伸張に伴って事業・業績を大きく拡大している。

東レは、これまで高機能・高品質レギュラートウ炭素繊維に経営資源を集中することで、ボーイング787向けなど航空機や天然ガス圧力容器などの先端分野で強みを発揮してきたが、ラージトウ炭素繊維の品揃えがなく、風力発電関連用途や自動車構造体用途等のより汎用性の高い産業分野の成長をいかに取り込むかが課題となっていた。今回のZoltek買収により、レギュラートウ炭素繊維とは全く異なる分野での事業展開が可能となった。

炭素繊維の世界需要は、軽量化による省エネだけでなく、石油・石炭代替エネルギーの普及に貢献する素材として、今後も年率15%以上の成長が期待されている。航空機用途に代表される高機能・高品質を要求する用途では、フィラメント数が24K(24,000本)までの炭素繊維で、航空機等、高性能・高品位分野で使用されている「レギュラートウ」の適用が拡大している。その一方で、ラージトウの採用拡大が見込まれており、今後は「レギュラートウ」と「ラージトウ」それぞれの特徴を活かした需要が形成されていくものと予想されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.