三井住友銀行、JA・三菱商事の太陽光発電事業にプロジェクトファイナンス

  • 印刷
  • 共有

三井住友銀行は、全国に分散する多数の発電事業を一括して管理・運営するJAMCソーラーエナジー合同会社の新たなビジネスモデルに対し、地域分散型太陽光発電事業に対する日本初のプロジェクトファイナンスを組成したと発表した。

JAMCソーラーエナジー合同会社は、JA全農(全国農業協同組合連合会)、三菱商事及びJA三井リースの共同出資により設立された発電事業会社で、全国に分散するJAグループの農業施設、畜舎等の屋根及び用地を活用した、国内最大級となる設備容量合計200MWの太陽光発電事業を推進、農村地域の活力創造に資する地域還元型再生可能エネルギー事業の実現を目指している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事