24年度の省エネ法ベンチマーク指標、鋼材製造やセメント製造は改善

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

資源エネルギー庁は、エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)に基づく、特定事業者から報告されたベンチマークの達成状況について、平成24年度定期報告分(平成23年度実績)を公表した。

業種 分野 「目指すべき水準」
達成事業者の割合
達成事業者
鉄鋼業 1:高炉による製鉄業 0.0% なし
2:電炉による普通鋼製造業 8.8% 城南製綱所、トーカイ、山口鋼業
3:電炉による特殊鋼製造業 30.0% 愛知製鋼、アサゴエ工業、他4社
  4:電力供給業 18.2% 電源開発、東北電力
  5:セメント製造業 25.0% 麻生セメント、住友大阪セメント、他2社
製紙業 6:洋紙製造業 23.5% エコペーパーJP、王子製紙、他2社
7:板紙製造業 13.3% いわき大王製紙、大豊製紙、他2社
  8:石油精製業 7.1% 東燃ゼネラル石油
化学工業 9:石油化学系基礎製品製造業 11.1% 東燃化学
10:ソーダ工業 35.0% 鹿島電解、カネカ、他5社

※黄色はベンチマーク指標の平均値が改善した分野(前年比)

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事