> > 国際航業、和歌山県の産廃処理施設跡地に714kWの太陽光発電所

国際航業、和歌山県の産廃処理施設跡地に714kWの太陽光発電所

 印刷 記事を保存

日本アジアグループ傘下の国際航業、国際ランド&ディベロップメント(東京都)は、和歌山県公募の「ダイオキシン類汚染無害化処理対策地における太陽光発電所設置事業者」に選定された。同公募は、「事業計画(適切性、安全性、賃料)」「事業遂行(経営の安定性、実績、円滑な施工)」「波及効果(施工時の地元企業連携)」「地域活性化策」などを選定の基準としたもの。

今回検討を進めるのは、和歌山県所有の未利用地(産業廃棄物処理施設跡地)を有効活用した「和歌山・橋本太陽光発電所(仮称)」。

(※全文:637文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.