> > 大和ハウス、介護施設で太陽熱・地中熱利用 給湯エネルギーを7割減

大和ハウス、介護施設で太陽熱・地中熱利用 給湯エネルギーを7割減

 印刷 記事を保存

大和ハウス工業は、施設で利用する給湯に太陽熱と地中熱を効率的に利用することで、給湯におけるCO2排出量を約70%削減する次世代環境配慮型介護施設「D’s SMART SILVER(ディーズスマートシルバー)」の実証実験を開始した。

シダー(福岡県)が運営する山梨県甲府市の「あおぞらの里 甲府南デイサービスセンター」において、大和ハウス初の独自技術を取り入れた「太陽熱・地中熱利用給湯システム」や再生可能エネルギーを効率的に利用できる「エネルギーマネジメントシステム」を採用して行う。今後、実証実験で採用・効果検証した環境配慮技術を、大和ハウスが設計・施工する有料老人ホーム・サービス付き高齢者住宅等介護施設に採用していく。

(※全文:775文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.