> > 太陽光発電システム市場、2013年度は日本が導入量世界1位になる見込み

太陽光発電システム市場、2013年度は日本が導入量世界1位になる見込み

記事を保存

国内太陽光発電システム市場は、導入量ベースで、2013年度は産業用が5,500MW(2012年比7.9倍)となり、産業用の急拡大が牽引し、世界トップの導入量7,050MW(同3.4倍)となる見込み。調査会社の富士経済が太陽光発電関連市場を調査した結果として発表した。

また、世界太陽電池市場は、メーカー出荷のモジュール販売ベースで、2013年は出力ベースでは順調に拡大し41,905MW(2012年比19.5%増)に、金額ベースでも2012年の落ち込みから回復し3兆889億円(同17.6%増)となる見込み。これまで市場を牽引してきた欧州の割合はさらに縮小するが、中国やインドをはじめとした新興国、北米や日本などの市場が好調なため。

中長期的にも世界の太陽電池市場は拡大し、2020年には出力ベースで84,145MW(2012年比2.4倍)、金額ベースで3兆6,035億円(同1.4倍)になると予測する。需要地も広がっており、ドイツやイタリア、米国、日本だけでなく、中国やインドでの需要が顕在化し、今後は東南アジアや南米、アフリカなどの日照条件の良好な地域での需要増加も期待される。

各市場の概要は以下の通り。

■国内太陽光発電システム市場(導入量ベース)

2013年度は金額ベースでは2兆4,700億円(2012年比2.7倍)となる見込み。

産業用は、2012年度になると7月に施行された再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)が需要を刺激し、市場は大幅に拡大した。ただし、2013年度以降の完工となる大型案件も多く、それらが市場に反映される2013年度は前述の通り、5,500MWの導入量となる見込み。

但し、FITによるプレミアム期間は3年間と言われており、2015年度に市場は縮小に転じると予測されるものの、設備認定済の案件が残るため2015年度以降もFITの余波による需要が残ると考えられる。

また、太陽光発電システムの導入コストは低下しており、将来的に再生可能エネルギーを活かせる電力インフラや社会システムが構築されれば、長期的にも一定の需要が期待できるとみている。

住宅用は、電力会社から購入する家庭用電気料金は産業用よりも高く、発電コストの改善が進む太陽光発電システムの経済的導入意義が高いことから、インセンティブが低下しても、産業用と比較して導入がしやすい。中長期的には、日陰の住宅を除くほとんどの住宅で太陽光発電システムが導入されていくとみている。

2020年度は、産業用が5,000MW(2012年比7.1倍)、住宅用が拡大を続け3,000MW(2同比2.2倍)となり合計8,000MW(同3.9倍)で、金額ベースでは2兆3,000億円(同2.6倍)と予測する。

■世界太陽光発電システム市場(導入量ベース)

2012年に31,350MW(2011年比5.5%増)となり、2013年は増加ペースが上昇し、37,500MW(2012年比19.6%増)となる見込み。2012年時点では欧州、北米、日本、オーストラリアの先進需要地の構成比が7割を超えているが、今後はその他の国々の構成比が高まると予測する。

最大の太陽電池生産地である中国での需要は大きく、またインドでの需要も顕在化し始めている。流れとして、需要地は先進国から中進国、更には新興国へシフトしつつあり、2020年には先進需要地が43,000MW(2012年比1.8倍)、新興需要地が32,000MW(同4.5倍)となり、世界合計で75,000MW(2012年比2.4倍)となると予測する。

■世界太陽電池市場(メーカー出荷によるモジュール販売ベース)における太陽電池の種類別

2012年は出力ベースで結晶シリコン太陽電池の構成比が8割以上を占めている。コストパフォーマンスや高い変換効率、過去の実績に基づく信頼性が評価されている。シリコン部材の調達コストが大幅に低減したことで、価格競争力が高まったことも強みとなっている。

薄膜系は、一部の中国太陽電池メーカーが大規模発電所向けをターゲットに積極的に取り組む動きがあり、2013年は6,600MW(2012年比1.5倍)となり、構成比3ポイントは上昇する見込み。

また、CI(G)S太陽電池は、潜在的には変換効率とコスト競争力が結晶シリコン太陽電池を上回る可能性があり、強気な計画を立てる企業も見受けられ、今後構成比が高まっていくと予測される。

2020年は「結晶系」は2012年比2倍(構成比71%)、「薄膜系」は同4.8倍(同26%)、「その他」は同17.3倍(同3%)になると予測する。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.