> > 太陽光発電システム市場、2013年度は日本が導入量世界1位になる見込み

太陽光発電システム市場、2013年度は日本が導入量世界1位になる見込み

 印刷 記事を保存

国内太陽光発電システム市場は、導入量ベースで、2013年度は産業用が5,500MW(2012年比7.9倍)となり、産業用の急拡大が牽引し、世界トップの導入量7,050MW(同3.4倍)となる見込み。調査会社の富士経済が太陽光発電関連市場を調査した結果として発表した。

また、世界太陽電池市場は、メーカー出荷のモジュール販売ベースで、2013年は出力ベースでは順調に拡大し41,905MW(2012年比19.5%増)に、金額ベースでも2012年の落ち込みから回復し3兆889億円(同17.6%増)となる見込み。これまで市場を牽引してきた欧州の割合はさらに縮小するが、中国やインドをはじめとした新興国、北米や日本などの市場が好調なため。

中長期的にも世界の太陽電池市場は拡大し、2020年には出力ベースで84,145MW(2012年比2.4倍)、金額ベースで3兆6,035億円(同1.4倍)になると予測する。需要地も広がっており、ドイツやイタリア、米国、日本だけでなく、中国やインドでの需要が顕在化し、今後は東南アジアや南米、アフリカなどの日照条件の良好な地域での需要増加も期待される。

各市場の概要は以下の通り。

(※全文:1,935文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.