> > JFEエンジ、岡山県の旧社宅跡地に7MWのメガソーラー グループの技術力を結集

JFEエンジ、岡山県の旧社宅跡地に7MWのメガソーラー グループの技術力を結集

記事を保存
JFEエンジ、岡山県の旧社宅跡地に7MWのメガソーラー グループの技術力を結集

JFEエンジニアリングは、岡山県倉敷市の旧社宅跡地に、JFEグループの技術を結集し、自ら発電事業を行うメガソーラー(大規模太陽光発電所)「鶴の浦ソーラーパワー」(設備容量7MW)を完成させ、10月2日に竣工を執り行ったと発表した。

本メガソーラーは、同社の100%出資により設立された特定目的会社のJFEソーラーパワー倉敷(岡山県倉敷市)が、JFEスチール(東京都千代田区)が同地区に保有する旧社宅跡地に設置したもの。年間発電量は650万kWhを想定している。

このメガソーラーは、JFEスチールの西日本製鉄所内で数多くの電気工事を手掛けているJFE電制(東京都港区)が請負い、JFEグループの技術力を結集して建設された。

架台には、JFEスチールグループでメガソーラー向けに新たに開発した超軽量鋼製架台システム「JFEソーラーアレイ™」を採用。この架台は、風洞実験など各種検討によって極限までの軽量化をすすめたほか、素材にJFE鋼板(東京都品川区)の高耐食性溶融めっき鋼板「エコガル®」を使用して長期耐久性を確保するとともに、基礎には鉄鋼スラグ水和物固化体「フェロフォーム®」を使用してプレファブ化し、施工合理化、環境負荷低減も実現した。

同社グループは、今後も多様化する電力確保のニーズに対して、太陽光のほか、地熱やバイオマス等を活用した発電の事業化を進めていくとともに、これらのプラントの技術・ノウハウを他の事業者に提供していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.