> > 古河電工・清水建設など、世界初 浮体式風力発電設備と変電所の連結に成功

古河電工・清水建設など、世界初 浮体式風力発電設備と変電所の連結に成功

 印刷 記事を保存

古河電気工業、ビスキャスは、浮体式の2MW洋上風力発電設備(発電設備)と洋上サブステーション(変電設備)等を、海中で電気的に連結する特高圧ライザーケーブルの開発・製作に、清水建設は、実海域での同ケーブルの敷設にそれぞれ成功した。特高圧ライザーケーブルは水中で浮遊し、浮体式設備の動きや波・潮流にダイナミックに追従する電力ケーブルで、こうしたケーブルの開発・製作、実海域での敷設は世界初。

同事業は、経済産業省による「平成23年度 浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業」で、古河電工と清水建設は、10企業・1大学からなる福島洋上風力コンソーシアムの構成企業。古河電工は浮体式洋上ウィンドファームにおける送電システム全般の開発を、ビスキャスが特高圧ライザーケーブルの製作、接続工事をそれぞれ担当。清水建設は新日鉄住金エンジニアリングとのJVにより、楢葉町から約20km離れた海域への浮体式洋上風力発電設備の曳航・係留、楢葉町と係留海域を結ぶ海底ケーブルの布設・埋設、ライザーケーブルによる発電設備と変電設備との連結等を手がけた。

(※全文:1,049文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.