> > 日立、回生電力を蓄電、停電時に列車へ電力供給 東京メトロと鉄道車両走行試験

日立、回生電力を蓄電、停電時に列車へ電力供給 東京メトロと鉄道車両走行試験

記事を保存
日立、回生電力を蓄電、停電時に列車へ電力供給 東京メトロと鉄道車両走行試験

日立製作所は、東京メトロと共同で、震災等の大規模災害の影響で停電した際に、駅間で停止した列車が最寄り駅へ自力走行する電力を供給する非常用地上バッテリー装置「EM-B traction」を使用した車両走行実験を実施すると発表した。2014年1月から開始する予定。

日立は2013年3月より、東京メトロと協力してEM-B tractionの研究を進めている。EM-B tractionは、蓄電池式回生電力貯蔵装置(B-CHOPシステム)で確立した日立の技術を応用したもので、列車の停止や減速の際に発生する回生電力を吸収して蓄電池に貯蔵し、列車の運行に必要な電力として利用するシステム。通常時には、蓄電池に一時的に貯蔵した電力で加速列車をアシストすることで、運行に必要な総電力量の削減に寄与する。大規模停電などの非常時には、電車線の停電を検知後、指令所の操作により貯蔵した電力を電車線へ供給し、駅間で停止した列車を最寄り駅まで自力で走行させることが可能となる。

現在、停電などで駅間に列車が停止した場合、一般的には鉄道事業者が安全を確認し、最寄り駅まで走行させて、乗客を駅で降車させることが基本運用となっている。しかし、列車が自力で走行できなくなった場合、駅員が救援に向かい、乗客の安全を確保し、線路上を歩いて避難させることになる。このような場合、EM-B tractionを導入することで、自力走行が可能となり、乗客をより安全、かつ迅速に避難させることができるようになる。

日立は、今回の走行試験による性能評価とシステム最適化の検証を通して鉄道輸送の安全性向上と省エネ化に貢献する鉄道システムを実現し、国内をはじめグローバルに事業を展開していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.