> > 三菱自、東京モーターショーでPHVのSUVなど3台のコンセプトカーを世界初披露

三菱自、東京モーターショーでPHVのSUVなど3台のコンセプトカーを世界初披露

記事を保存
三菱自、東京モーターショーでPHVのSUVなど3台のコンセプトカーを世界初披露

三菱自動車は、第43回東京モーターショー2013において、家庭でコンセントから充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)のSUV(多目的スポーツ車)など3台のコンセプトカーを世界初披露すると発表した。

同社では、3台のコンセプトカーに、「環境への貢献」「走る歓び」「確かな安心」を実現する次世代先進技術「@earth TECHNOLOGY」を採用し、SUVの機能性と安心感を象徴する新たなデザインアイデンティティを盛り込んだと説明する。概要は以下の通り。

「MITSUBISHI Concept GC-PHEV」は、高出力なプラグインハイブリッド(PHEV)システムを搭載し、SUVらしい力強い走りとクラストップレベルの環境性能を両立した次世代大型SUVのコンセプトカー。車両運動統合制御「S-AWC」により、優れた操縦安定性とSUVならではの走破性を実現。また、情報連携サービスを活用した次世代の予防安全技術や運転支援技術を採用している。

「MITSUBISHI Concept XR-PHEV」は、軽量・高効率なPHEVシステムを搭載し、環境性能を飛躍的に高めた次世代コンパクトSUVのコンセプトカー。スペシャリティクーペ感覚のフォルムに相応しい、軽快なフットワークを実現している。

「MITSUBISHI Concept AR」は、ダウンサイジング直噴ターボエンジンをはじめ、最新の低燃費化技術を採用し、SUVの機動性とMPV(小型多目的車)の居住性を両立した次世代コンパクトMPVのコンセプトカー。乗員を包み込むようなインテリアと多彩なシートアレンジなど、寛ぎの空間を提供する。

第43回東京モーターショー2013は、11月20日(水)から(一般公開は23日(土)から)12月1日(日)まで、東京ビッグサイト(東京都、有明・お台場地区)で開催される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.