> > 日産、EV「リーフ」の販売右肩上がり 下期に700基の急速充電器設置で追い風に

日産、EV「リーフ」の販売右肩上がり 下期に700基の急速充電器設置で追い風に

記事を保存
日産、EV「リーフ」の販売右肩上がり 下期に700基の急速充電器設置で追い風に

日産自動車は、同社の100%電気自動車(EV)「リーフ」の日本市場における販売累計台数が、9月末で3万台に到達した、と発表した。また、EVのインフラ整備に向け、2013年度下期に更に700基の急速充電器を日産ディーラーに設置する計画だ。

「リーフ」の9月の販売台数は、グローバル全体で4,700台を超えて単月として過去最高となった。「リーフ」は、世界の各市場で販売の勢いが高まっており、グローバルの累計販売台数は、9月末時点で83,000台となった。

「リーフ」は、世界初の量産型100%EVとして、2010年12月、日本及び北米を皮切りに販売を開始した。「リーフ」は、一般的な車の販売傾向とは異なり、年を追うごとに毎年販売を伸ばしている。昨年度は年間を通して日本市場で11,600台を販売し、今年度の販売台数は昨年度を更に上回る見通し。

同社は、「リーフ」の販売台数が好調に推移している理由について、圧倒的に安いランニングコスト、加速の良さ、快適な室内の静粛性、携帯電話やパソコン等からエアコンや充電のリモート操作ができる便利なIT機能など、走行中のCO2排出がゼロということだけには留まらない、EVならではの様々な特徴が、発売後2年9カ月を経て、徐々に顧客に浸透しているものと、見ている。

また、EVの普及は充電インフラの整備が鍵となる。現在、全国の急速充電インフラの整備も加速している。同社の調べによると、9月末時点で急速充電器の数は合計約1,900基となった。この内、約800基は日産ディーラーに設置されているものだが、2013年度下期には、新たに約700基を設置する予定。今年度は、政府による1,005億円におよぶ充電器設置補助金の後押しもあり、今後更なるインフラ整備の加速が期待されている。

なお、全国の日産ディーラーでは、「リーフ」の走行性能や利便性を、顧客に体感してもらうため、無料で「リーフ」を使用することができる、モニターキャンペーンを実施している。

日産は、これからも顧客の期待に応えるEVの開発を続けると共に、EVの普及と持続可能なモビリティの実現に向けて、包括的な取り組みを行っていく考えだ。同社では、「リーフ」に続きグローバルで販売する日産の2車種目のEVとして、100%電気商用車「e-NV200」の2014年中の発売を予定している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.