> > 安川電機、次世代植物工場の研究開発に着手 2016年にシステムを販売

安川電機、次世代植物工場の研究開発に着手 2016年にシステムを販売

 印刷 記事を保存

安川電機(福岡県北九州市)は、新規事業として、第一次産業領域への市場拡大を狙い、次世代植物工場システムの研究開発に着手したと発表した。2015年の同社の創立100周年に向けて研究開発を加速させ、2016年よりシステム販売事業をスタートさせる計画だ。

同社では、創立100周年を迎える2015年度に向けて、2013年度(2014年3月期)より新中期経営計画「Realize 100」をスタート。本計画では、コア事業のさらなるグローバル展開と新規事業の拡大により、過去最高の業績達成を目指している。次世代植物工場の研究開発も本計画で掲げる新規事業創出の一環として実施する。

(※全文:799文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.