> > 三菱自、スマホで電気自動車を遠隔操作 ITS世界会議で技術を公開

三菱自、スマホで電気自動車を遠隔操作 ITS世界会議で技術を公開

記事を保存
三菱自、スマホで電気自動車を遠隔操作 ITS世界会議で技術を公開

三菱自動車は、「第20回ITS(高度道路交通システム)世界会議 東京2013」で、スマートフォンやICT(情報通信技術)を活用した電気自動車(EV)の利用シーンのデモンストレーション並びに次世代先進安全技術のパネル展示など、ITSへの取り組みの一端を紹介する。

この他、「高度運転支援・自動運転共同デモ」体験試乗車として、昨年ユーロNCAPアドバンスド賞を受賞した「衝突被害軽減ブレーキ(FCM)」搭載の「アウトランダー」を、そして、新規開発した「通信利用型先進安全自動車ASV-5」・「次世代安全支援システムDSSS」を搭載した実験車「ITSアウトランダー」を提供する。

また、論文発表を、「通信利用安全運転支援システムの普及促進に向けた考察」、三菱重工業と共同で研究を進めている「スマートフォンを利用したITS運転支援システム」他、計4件を予定している。

「第20回ITS世界会議 東京2013」は、10月14日(月)(一般公開は17日(木)から)18日(金)まで、東京・有楽町の東京国際フォーラムおよび有明の東京ビッグサイトで開催される。

「利便性向上・安全への取り組み」についてのパネル展示、デモンストレーションの出展概要は以下の通り。

  • 「スマートフォン利用EV遠隔操作」
    スマートフォンアプリを用い、ICTを利用した近い将来のEVの利便性向上機能を紹介する。電気料金が確認でき、顧客の希望に応じて、電気料金が安い時間に充電するなどの充電予約を車外から操作できる。
  • 「スマートフォン利用高速道路情報案内」
    スマートフォンアプリを用い、正確な高速道路状況をスマートフォンで入手することができる利便性向上機能を紹介する。
  • •先進安全技術「通信利用型先進安全自動車ASV-5」
    周辺車両、歩行者との通信技術を用い、ドライバーから見づらい車両との事故や、歩行者事故を防止するために車両接近情報や歩行者接近情報を提供します。
  • 先進安全技術「次世代安全支援システムDSSS」
    周辺車両や歩行者の位置・速度情報、信号情報などの道路情報を受信することで、ドライバーの不注意で起こる交差点事故や歩行者事故の防止、並びに安全でスムーズに交差点を走行できるように、ドライバーに情報を提供する。

「ITS世界会議」は、学術討議・技術報告・展示など、ITSに関する世界最大の情報発信の場として、毎年世界の主要都市で順次開催されている。日本では過去2回(1995年第2回横浜、2004年第11回名古屋)開催。第20回の今回は、約1000件の論文発表、250件のセッションが予定されている。

【参考】
日産「2020年量産化」発表 急速に注目される「自動運転技術」(2013/9/9)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.