> > 三菱自、スマホで電気自動車を遠隔操作 ITS世界会議で技術を公開

三菱自、スマホで電気自動車を遠隔操作 ITS世界会議で技術を公開

 印刷 記事を保存

三菱自動車は、「第20回ITS(高度道路交通システム)世界会議 東京2013」で、スマートフォンやICT(情報通信技術)を活用した電気自動車(EV)の利用シーンのデモンストレーション並びに次世代先進安全技術のパネル展示など、ITSへの取り組みの一端を紹介する。

この他、「高度運転支援・自動運転共同デモ」体験試乗車として、昨年ユーロNCAPアドバンスド賞を受賞した「衝突被害軽減ブレーキ(FCM)」搭載の「アウトランダー」を、そして、新規開発した「通信利用型先進安全自動車ASV-5」・「次世代安全支援システムDSSS」を搭載した実験車「ITSアウトランダー」を提供する。

(※全文:1,072文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.